あらゆる「証明」をデジタル化する

ブロックチェーン証明SaaS

学位証明書、社員証、資格情報、財務諸表、所有権など、
あらゆる「証明」をブロックチェーン技術でデジタル化

あらゆる「証明」をデジタル化し、
滑らかな世界を実現する先端技術

ブロックチェーン証明書

学位証明書、資格情報、免許、住民票など、あらゆる「証明」を暗号技術でデジタル化する「ブロックチェーン証明書」を提供しています

For What?

CloudCertsはあらゆる「証明」をデジタル化できるサービスです

修了証書

教育機関やeラーニング事業者が発行する修了証書をデジタル化。 非接触による証書授与、修了生によるスマホ端末管理、メール添付送付が可能

スタディログ

eラーニング等の学習者のスタディログを改竄できない形でブロックチェーンに記録。
アプリ、ウェブで一括管理でき、データポータビリティも確保。

有資格証

現在、紙の証書やカードで発行されている資格証もデジタル化可能。各資格提供団体から公式に発行された証明書として立証が可能。 有資格者はスマホで管理可。

製品保証書

紙の製品保証書もデジタル化が可能。月に数千、数万枚の発行にも対応し、有効期限の設定、無効化も自在。ブロックチェーン製品保証書にリンクするQRコードを製品に添付することで、エンドユーザーの管理の負担を軽減。

社員証

紛失による再発行にコストがかかる社員証もデジタル化。スマホで管理できるため、紛失リスクを低減。QRコードの表示も可能のため、入館証システムとのリンクも可能。

財務諸表

金融機関の融資審査や税務調査で使用する財務諸表。改竄が容易な紙では信頼性に欠けていた会計事務書類をブロックチェーン技術利用し真正性を担保し、金融機関の融資実行率の向上に寄与

Our Product

ブロックチェーン証明書
総合発行システム

CloudCerts

  • あらゆる紙の証明書、資格をデジタル化
  • 改ざん不可能、発行履歴を記録できる
  • スマートフォンで誰でも簡単に管理可能
  • 証明書の内容をブロックチェーンで照合
  • 世界標準規格準拠。世界中で使用可能
  • 特許出願完了[特願2019-218437]

Our Product

ブロックチェーン証明書
総合発行システム

CloudCerts

  • あらゆる紙の証明書、資格をデジタル化
  • 改ざん不可能、発行履歴を記録できる
  • スマートフォンで誰でも簡単に管理可能
  • 証明書の内容をブロックチェーンで照合
  • 世界標準規格準拠。世界中で使用可能
  • 特許出願完了[特願2019-218437]

Users

ブロックチェーン証明書発行SaaS「CloudCerts」を導入されたお客様(順不同)

Our Service

ブロックチェーン証明書発行事業

当社のブロックチェーン証明書イシューシステム「CloudCerts®(クラウドサーツ)」は、ブロックチェーンの暗号技術を利用し、耐改ざん性に優れ紛失のおそれのないデジタル証明書を発行するシステム。
オープンスタンダードの無料アプリで保管・管理が可能です。ワンタップでブロックチェーンにアクセスし、証明者の内容の検証ができる画期的機能があり、既存の証明書の利便性をより高めることができます。

ブロックチェーン関連のシステム開発支援

LasTrustはブロックチェーン証明書発行事業を軸足に、専門のエンジニアがブロックチェーンの研究開発を行っており、

ブロックチェーン関連事業における開発をサポートします。

News

スタディログ・ライフログのデジタルトランスフォーメーション「出口戦略」まとめ

今回は、「ラーニングエコノミー」の概念を基にして行われているプロジェクトの一つ、「C-Lab」について、具体的な学習者の「出口戦略」と現時点で議論されている課題についてまとめました。 「C-Lab」の概要についてはこちら … Read More

Featured Post

C-Labプロジェクト参加団体リストと各団体の役割まとめ

今回は、「ラーニングエコノミー」の概念を基にして行われているプロジェクトの一つ、「C-Lab」について、具体的な参加団体や企業とその役割についてまとめました。 「C-Lab」の概要についてはこちら。 「C-Lab」には、 … Read More

Featured Post

平等な教育を実現する「ラーニングエコノミー」とは?学びの実績を分散技術で新たな価値に変換するプロジェクト「C-Lab」が発足

今回は、2018年に国連で提唱された「ラーニングエコノミー」の概念を基にして行われているプロジェクトの一つ、「C-Lab」についてまとめました。 ラーニングエコノミーとは 従来型の教育システムが抱える、様々な問題を解決す … Read More

Featured Post

Blog

スタディログ・ライフログのデジタルトランスフォーメーション「出口戦略」まとめ

今回は、「ラーニングエコノミー」の概念を基にして行われているプロジェクトの一つ、「C-Lab」について、具体的な学習者の「出口戦略」と現時点で議論されている課題についてまとめました。 「C-Lab」の概要についてはこちら … Read More

Featured Post

C-Labプロジェクト参加団体リストと各団体の役割まとめ

今回は、「ラーニングエコノミー」の概念を基にして行われているプロジェクトの一つ、「C-Lab」について、具体的な参加団体や企業とその役割についてまとめました。 「C-Lab」の概要についてはこちら。 「C-Lab」には、 … Read More

Featured Post

IPFSとは?

「Web3.0」として、Dappsやその他のブロックチェーンサービスの推進を後押しする技術として「IPFS」(Inter Planetary File System)が注目を集めています。 今回は、そのIPFSの仕組みや … Read More

Featured Post

ブロックチェーンを利用したデジタル卒業証明書とその他証明書プラットフォーム比較まとめ

今回は、ブロックチェーン技術を利用した、デジタル卒業証明書とその他証明書のプラットフォームを中心にまとめて比較しました。 稼働しているデジタルクレデンシャル発行プラットフォーム4種 今回取り上げたプラットフォームは、世界 … Read More

Featured Post

LasTrustがデジタルクレデンシャルを扱う理由

LasTrust(ラストラスト)は、ブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts」と、クレデンシャルの管理ウォレット「Skill Wallet」の2つのプロダクトを提供するデジタルクレデンシャル専業のスタートアップ … Read More

Featured Post

DIDとは?Web3.0におけるデジタル分散型IDについて

Web3.0とDIDとは Web3.0は、ユーザが自分自身のデータ・個人情報を主権的にコントロールできる世界観を目指す一種のムーブメントです。 現在のWeb2.0のパラダイムでは、GAFAのような中央集権型のデータ管理、 … Read More

Featured Post

Recruit

LasTrustでは、ブロックチェーン証明書の社会実装を進めるための新規チームメンバーを募集しています。
ご興味ある方は下記のWantedlyのリンクからお気軽にエントリーください。

Our Mission

当社LasTrust(ラストラスト)は、ブロックチェーン証明書発行システム、「CloudCerts®(クラウドサーツ)」で、あらゆる紙の証明書をデジタル化し、より滑らかな世界の実現をミッションとしています。

Our team

圷 健太 | Kenta Akutsu

CEO

多摩美術大学卒。起業家、クリエイター。

2009年 EPSONカラーイメージングコンテスト入賞。

2013年、渡タイし動画マーケティング企業RAWLENS創業。東南アジアに進出する日系企業に動画マーケティングを提供する。
2018年、タイ王国内閣 工業省タイ投資委員会から
事業の先進性を認められ、BOI認可を取得。

同年、TOYOTA主催アートキャンプにデザイン講師として招かれ、タイ現地の大学生を対象にデザインのメソッドを提供。

2019年、経産省主催「ブロックチェーンハッカソン2019」にて、コンピュータ・ソフトウェア協会賞、副賞をW受賞。

同年、ブロックチェーン証明スタートアップ「LasTrust 」を創業。起業歴と海外での7年の経営スキル、動画、デザイン等のクリエイティビティを活かし、LasTrustではCEOとして経営企画、マーケティング統括、グロースハック、資本政策、アートディレクションを担当。

髙橋 翔太 | Shota Takahashi

CTO

東北大学大学院修了後、(株)NTTデータに入社し開発・マネジメント業務に従事。

同社を退職後、複数の教育機関で講師として勤務。そこで現在の教育のあり方に疑問を感じ、ITを用いた変革を志す。

2016年「thinkShake製作所」を創業。
教育機関向けサービスの他、多種多様な顧客に寄り添ったシステムの提供を行う。

2017年から2018年まで、実験機器シェアリングプラットフォームを手がける(株)Co-LABO-MAKERに参画。開発責任者として開発・プロジェクトマネジメント・経営戦略に携わる。

2019年より仙台市をITで盛り上げるべく、仲間と「wack hack sendai」プロジェクトを発足。

経産省主催「ブロックチェーンハッカソン2019」にて、コンピュータ・ソフトウェア協会賞、副賞をW受賞。
同年、EdTechスタートアップ「LasTrust」を共同創業。主に開発・研究およびプロジェクトマネジメントを担当。

佐藤 昌宏 | Masahiro Sato

エグゼクティブアドバイザー

1967年生まれ。1992年日本電信電話株式会社入社。主に経営企画業務に従事。

1999年に無料ISPライブドアの立上げに参画。

2002年デジタルハリウッド株式会社執行役員に就任。日本初の株式会社立専門職大学院デジタルハリウッド大学大学院の設置を経験。

2004年、Eラーニング開発、人材育成コンサルティング事業を運営する株式会社グローナビを立ち上げ代表取締役社長に就任。

2009年より同大学院事務局長を経て専任教授としてデジタルテクノロジーを活用した教育イノベーションEdTechの研究実践および学生の指導にあたる。

また2017年には一般社団法人教育イノベーション協議会を設立、代表理事に就任。教育に関する国の委員や全国の教育系起業家の育成にも関わる。

著書に「EdTechが変える教育の未来」(インプレス)がある。

<政府の会議での委員歴、その他活動>

・内閣官房 教育再生実行会議技術革新ワーキンググループ 委員

・文部科学省 教育再生実行アドバイザー

・経産省 未来の教室とEdTech研究会 座長代理

・経産省 学びと社会の連携促進事業 アドバイザー

・経産省 我が国産業における人材力強化に向けた研究会 委員

・総務省 先導的教育システム実証事業PMOプロジェクトマネージャー

・総務省 地域IoT実装推進タスクフォース 構成委員

・総務省 スマートスクール・プラットフォーム実証事業 評価委員

・内閣府 RESAS普及専門家 委員

・自民党 EdTech推進議員連盟 設立支援

・eラーニングアワード2018フォーラム 実行委員

・JMOOC将来構想検討委員会 委員

・一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)  理事

・千代田区立麹町中学校 学校運営協議会 委員長

Russia Branch Office

In The City of Kazan​

Artur Shaidullin

ディベロッパー

2019年、Kazan State Power Engineering University(カザン市立電力工学大学卒業。ソフトウェア開発技術を学ぶ。

在学中より、サーバーサイド及びWebアプリ開発に従事。

募金アプリ「DOBRO」の開発に携わる。その後、University of Talents in Tatarstan(タタールスタン共和国タレント大学)のウェブサイトにおいてサーバサイドの開発と保守を兼務。

卒業後はロシアで行われたデジタルブレークスルーハッカソン「Цифровой прорыв」に参加。

2019年12月、ディベロッパーとしてLasTrustへジョイン。

Nail Khalimov

ディベロッパー

2019年、Kazan State Power Engineering University(カザン市立電力工学大学卒業。ソフトウェア開発技術分野で学士号を取得。

在学中の2016年、企業向けにフロントエンドの開発支援を皮切りに、大規模な学内プロジェクトのフロントエンドの保守および開発を担当。

2020年4月、ディベロッパーとしてLasTrustへジョイン。

Belong to

Contact us

info@lastrust.io

CloudCertsの
資料ダウンロード

ダウンロード