ブロックチェーンによる分散型信用スコア「Bloom」

今回は、前回まとめたCOLENDIに比肩する規模の分散型信用スコアサービスを提供する「Bloom」についてまとめました。

COLENDI、分散型信用スコアリング機能についてはこちら

Bloomとは

https://bloom.co/

Bloomは2017年にアメリカで創業されました。

創業の目的として主に以下2点が挙げられています。

1. スコアリング情報などの個人情報の分散管理

2. 世界中の人々へのグローバルな信用の提供

創業同年、信用情報管理事業において米国最大手のEquifaxがサイバー攻撃を受け、国民の半数以上に及ぶ1億5千万人の信用情報のデータを漏洩したという事件がありました。

この事件に以降、アメリカの信用スコアリングモデルを提供するFICO、及びその算出に携わる信用調査機関の中央集権的な構造に対し疑問視する声が上がっていました。

この構造への解決策として期待されたBloomは当時、ICOを実施し、$41,400,000(約45億円)を調達しています。

またCOLENDIと同じく、世界約30億人が銀行口座を持つことができないという問題を解決すべく、ボーダレスに通用する信用スコアの提供を目指しています。

Bloomのサービス

https://bloom.co/

Bloomが提供するサービスは3つです。

1. BloomID

2. BloomIQ

3. BloomScore

BloomIDは世界中で利用可能な分散型IDを提供します。

今後の構想として、BloomIQでユーザーの取引履歴を蓄積し、その情報をもとに、スコアリングサービスBloomScoreを提供していきます。

by Bloom twitter account

現在サービスされている、BloomIDをiOS上で提供するBloomAppsは、2019年2月にUS AppStoreのUtilityカテゴリーでTOP10入りを果たし、現在では25万人以上のBloomIDを発行しています。

また特徴としてBloomIQのストレージ方法として、ブロックチェーンとの親和性の高い分散型プロトコル、IPFSが採用されています。

IPFSについてはこちら

つまり、金融機関へのデータ提供による個人融資のみならず、Peer to Peer によるレンディングサービスも提供可能です。

これらのサービス以外にも、銀行口座に紐付かない、世界中誰でも発行可能なクレジットカード「BloomCard」の発行を予定しています。

このカードは無担保消費者への信用を可能にし、発展途上国へのBloomScoreの浸透を目的としています。

外国為替手数料や海外送金手数料を省くため、ETHを支払手段とする予定です。

スコアリングの算出方法

BloomScoreの算出方法はwhitepaperにて公開されています。

フェーズが以下3つに分かれています。

フェーズ1

  • 支払い総額と未払金総額
  • 最長の返済履歴
  • 平均月間支払額
  • 過去のローンの数
  • すべてのレポート情報横断での支払総額

フェーズ2

ステークしたPeerの平均スコアが数式の変数として追加。

フェーズ3

自身の金融取引だけでなく、過去の履歴から、そのユーザーとの金融取引に積極的なステークホルダー(Bloomユーザー)の取引実績値に基づいたスコア算出。

また今後のロードマップとして、Bloom Token(BLT)を発行し、さらなるクレジットスコアへの機能強化を図っていく予定です。

Verifiable Credentialの発行開始

by Bloom twitter account

Bloomは、2020年のコロナウィルス感染症によるパンデミックへの対応の一環として、検証済み免疫証明書(Verifiable Immunity Credentials)の発行を開始しました。

この証明書はコロナウィルスの免疫を獲得していることを証明可能であり、BloomIDに紐づく形になっています。

またユーザーの医療情報や診断結果はプライバシーとして保護されている設計となっています。

かつてない失業率、医療現場などの人員不足が起こっており、この危機への対応策として世界的に注目を集めています。

参考

  1. Major Milestone: 250,000+ BloomIDs Created
  2. https://twitter.com/Bloom/status/1104121421628755968
  3. https://bloom.co/whitepaper.pdf
  4. https://bloom.co/
  5. Helping Fight COVID-19 with Verifiable Immunity Credentials
Comments are closed.