IPFSとは?

「Web3.0」として、Dappsやその他のブロックチェーンサービスの推進を後押しする技術として「IPFS」(Inter Planetary File System)が注目を集めています。

今回は、そのIPFSの仕組みや最新の動向を纏めました。

IPFSについて

Filecoinが提供している分散型ストレージサービスです。

IPFSは「ブロックチェーン」ではなく、シンプルにノードとノード間のデータを移動する「プロトコル」です。

もともとは2014年に創業した、「Protocol Labs」という研究開発企業によって開発され、提唱されました。

同社が開発した仕組みの一つに「IPFS」があり、これに基づいたプロジェクトが「Filecoin」です。

*「Filecoin」と「IPFS」が混同されている記事も散見されますが、概念が少し異なります。

「Filecoin」というプロジェクトは、2017年に約300億円の資金調達に成功しており、暗号技術の歴史上でもかなり大きなプロジェクトであるといえます。

HTTP vs IPFS

Decentralized document version control using ethereum blockchain and IPFS より引用

上記、左がHTTP(Hypertext Transfer Protocol)、右がIPFSによる通信の大まかな仕組みです。

HTTPは、現在私たちが通信する際の手段として用いられています。

webページやクラウドサービスは、企業が持つサーバーにアクセスする必要があります。

つまり「管理者」である企業が膨大なサーバーを保持し、サービスが成り立つため、「中央集権的」であるといえます。

一方、IPFSはこの「管理者」が存在せず、CPU同士が直接コンテンツを管理しています。(peer to peer 通信といいます。)

この仕組みは分散的であり、「非中央集権的」であるといえます。

アドレス vs コンテンツ

例として、音楽コンテンツを挙げます。

既存の仕組みだと、「Apple music」「Spotify」「Amazon music」だど企業によってコンテンツもばらばらで、選択肢も多数です。

これは各企業によって、たとえ同じコンテンツでも持つサーバーが異なるためです。

つまり「管理者」のサーバーによってコンテンツが指定される「アドレス」型(ロケーション型とも呼ばれています。)であるといえます。

一方、IPFSの仕組みを用いた場合、「管理者」が存在せず、そのプラットフォームに依存しません。

その「コンテンツ」自体によって値段が決まっており、サーバーの位置に依存しないため、「コンテンツ」型であるといえます。

HTTPの問題点

現在私たちが使用している、HTTPには次のような問題点があります。

・ セキュリティの脆弱性

・ サーバーの負荷が高い

まずセキュリティの脆弱性についてですが、既存の仕組みは「管理者」にアクセスに関するすべてのコントロールが集中してしまうという難点があります。

また、企業内の開発者がそれぞれ別の国で開発を進めたい場合も、中央のレポジトリで管理しなくてはならず、サービスに支障をきたす恐れもあります。

さらに、アクセスを自由に制限できたり、情報を自由に改ざんできてしまうという問題もあります。

次に、サーバーの負荷についてです。

従来の通信方法は、管理者である企業が、常にサーバーを安定稼働させなければならず、アクセスの数が増えた場合でも、遅延なく応答するためのインフラを準備しないといけません。

上記を踏まえると、IPFSはこれらの弱点を補完する、画期的な技術とされています。

IPFSの将来性

Mapping out projects using IPFS より引用

IPFSは、既存の中央集権型サービスへの参入障壁を取り払う「分散型エコシステム」として、様々な企業が活用して始めています。

Improved container image performance
IPFS 0.5.0 is here! Our largest upgrade to IPFS yet より引用

更に日々の改良も著しく、現時点で最新の「IPFS 0.5.0」は、世界中の開発者が開発環境を共有できる「コンテナイメージ」を効率的に使用できる技術とされています。

Netflixは「IPFS 0.5.0」を活用し、独自のコンテナ管理プラットフォームである「Titus」の改良させることで、コンテナ配布の高速化に成功しています。

Netflixと同様に、IPFSネットワーク上でストレージを構築しようとするプロジェクトは年々増加しており、誰でも参加出来るストレージ市場が構築をされていくことでしょう。

参考

Comments are closed.