ブロックチェーンで分散型信用スコアリング「COLENDI」

今回はブロックチェーンを活用した信用スコアリングのプロジェクトの一つ、「COLENDI」についてまとめました。

COLENDI とは

「COLENDI」は、2016年2月にスイスのツーク州で設立されました。

2019年2月に、開発拠点の1つであるトルコでプロダクトをローンチし、現在トルコと中国が開発拠点となっています。

COLENDIは「世界中のすべての人にフィナンシャルスコアとアイデンティティを与え、彼らに安心と安全を保証する」をビジョンに掲げており、マイクロクレジットや信用スコアリングのプラットフォームとしてプロジェクトを進めています。

プロダクトの特徴として、ブロックチェーンを利用していることが挙げられます。つまり、顧客のデータを保護しながら、開発された信用スコアリングをもとに、ユーザーに自己主権とデジタルIDを提供しています。

信用スコアリングの問題点

世界で進むスコアリング 中国の信用スコアと欧米のクレジットスコアの ...

既存の信用スコアリング、及びその際に使用される個人情報の管理については以下のような課題が存在します。

1.特定の組織が中央集権的に管理(マイナンバーなど)

2.スコアリングアルゴリズムの違い

3.特定の地域や国の中でのみ有効な証明

1.中央集権的な管理の場合、サイバー攻撃などによる情報漏洩のリスクがあります。

例えば、2017年に信用情報管理事業において米国最大手のEquifaxがサイバー攻撃を受け、国民の半数以上に及ぶ1億5千万人の信用情報のデータを漏洩しました。

このように特定の機関への情報管理を委託することは、プライバシーを保護が十分に行き届いてないことを意味します。

2.消費者の信用スコアリングついても、Equifaxや胡麻信用が、どういったプロセスで格付けや債券のスコアリングが行われたか不透明な部分が多いと言われています。

また、企業毎に、提供する信用スコアのアルゴリズムは異なっており、性別の変更のみでスコアに差異が出る信用スコアも存在しています。

3.世界銀行の統計データによると、世界には銀行口座を持っていない人々が約20億人存在すると言われています。つまり、クレジットカード作成も不可能であり、自らの信用情報を証明することが困難であるため、ローンなどの様々な金融機会にアクセスすることができません。

また、現在の発展途上国でのローンを受けている人は全体の10%にも満たないという現状があります。

これは金融業者が借り手を評価することが困難であることが原因であり、高利子貸付などの違法なマーケットの拡大につながっています。

分散信用スコアリングとは

分散信用スコアリング(decentralized credit scoring)は既存のスコアリングと異なり、分散的に個人情報を取得・管理し、算出される信用スコアリング技術です。

つまり、企業にデータを預けるのではなく、ブロックチェーン上で個人情報を管理するため、データ流出・漏洩のリスクを回避することができます。

銀行口座やクレジットカードを持たない人でも、債務履歴や返済率を元に信用情報を獲得可能であり、既存の金融機関にアクセスできない人々に資金調達の機会を提供できます。

さらに、オープンソースコード上のスマートコントラクトを見れば、格付けプロセスを把握することができるため、透明性を保証できます。

Colendiは、この分散型スコアリングの機能を持つプロダクトを提供しており、取引履歴やスマートフォン、ソーシャルメディアなどから収集された情報により信用スコアが算出されます。

信用スコアの指標とデータ取得方法

COLENDIの信用スコアでは、1000以上の指標を元にしています。

主な例として下記が挙げられます。

・Smartphone data(スマートフォンデータ)

・Social media data(ソーシャルメディアのデータ)

・Transaction data(取引データ)

・Blockchain credit history data(ブロックチェーン上のクレジットヒストリーデータ)

・Personal data(パーソナルデータ)

更に通信の決済履歴や購買データも指標に入れるため、通信会社や大手のリテールチェーンといった企業とのパートナーシップを進めています。

算出する信用スコアに、機械学習を活用したアルゴリズムを使用しており、特許取得済となっています。

COLENDIでは、データ提供の対価として独自のトークンを支払います。これにより、トークンによるインセンティブ設計自律的なシステムの構築を実現しています。

また、ブロックチェーンを利用することで、データの編集や閲覧が不可能なシステムを構築し、ハッシュ化されたデータの署名をチェーンに記録し、改ざん不可能な形式で保存することができます。

enigmaとCOLENDIとのパートナーシップ

ユーザーのプライバシーの強化のため、COLENDIはenigmaとパートナーシップを結んでいます。

ブロックチェーンの利用は、格納されているデータを世界中の人々が参照できるため、ユーザーの個人情報をノードが閲覧できないようにする必要があります。

enigmaはトランザクションデータを分散的に秘匿化する技術を持っています。イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンのスマートコントラクトを用いつつ、ユーザーがCOLENDIのアプリケーションにログインすると、自分のIDのみがネットワーク上の他のユーザーと共有され、データ全体を非公開にすることができます。

IDパラメータへのアクセスは、ユーザー所有のスマートフォンと、登録時にユーザーに与えられた秘密鍵によってのみ可能となります。

COLENDIと分散型信用スコアリングの将来性

デジタル社会において、個人を取り巻くデータは増え続け、常にデータ漏えいの危険があります。保護されたデータを使用して自身の信用度をスコアリングできるサービスは、ニーズが増加していくと考えられます。

さらに、個人情報を提供せずとも、分散信用スコアリングによって得た評価により、サービスを受けることも可能です。つまりユーザーや企業が、個人情報を保護するセキュリティに膨大な労力と費用を費やす必要がなくなることを意味します。

2019年6月に発表された、送金コストのWorld Bankの報告によると、世界の送金平均コストは6.84%でした。一方、南アフリカをはじめとした、低所得国や中所得国からの送金コストは、依然として20%をやや上回っています。

COLENDIは、上記に述べた銀行口座の問題に加え、国境を越えた支払いコストの節約を目標に掲げています。マッキンゼーの調査レポートによると、COLENDI他、リップルやリブラアソシエーションが取り組んでいる、ブロックチェーンプロジェクトの効果は年間最大40億ドルを節約に値するとしています。

世界的にボーダレスな分散型信用スコアは、今後さらに「国」という枠を超えてビジネス及び生活が進行していくことが考えられます。

参考

Comments are closed.