ブロックチェーン技術を用いた次世代ファイルストレージサービス「Filecoin」

今回はPeer to Peer(P2P)上ネットワーク上で動作する分散ファイルシステム、IPFSを利用したFIiecoinについてまとめました。

IPFS(InterPlanetary File System)はProtocol Labsにより開発が進められている、P2Pネットワーク上で動作するハイパーメディアプロトコルです。

現在のインターネットで主要なプロトコルであるHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)を補完または置換するプロトコルとして注目を集めています。

IPFSについての詳細はこちら

Filecoinの開発企業「Protocol Labs」

Protocol Labsは2014年に、IPFSとFilecoinを考案したJuan Benetによってシリコンバレーで創業されました。


Protocol Labsのプロジェクトは、P2P通信や、P2P上の分散ファイルシステムやコンテンツデリバリーネットワークがあります。IPFS、libp2p、Filecoinがその中でも画期的なプロジェクトとして、中国を中心に注目を集めています。

Filecoinとは

Ultimate Guide to Filecoin: Breaking Down Filecoin Whitepaper & Economics |  by vasa | The Startup | Medium
https://filecoin.io/

Filecoinは、P2Pネットワーク上で、ストレージを提供する個人や中小企業が報酬を得ることが出来る分散ネットワークです。

既存のIPFSのプロジェクトでは、ストレージを提供する側に経済インセンティブがないという課題があり、ピン止めされたコンテンツしか永続的に保存されないという課題がありました。

つまりIPFSでは、アクセスがされないファイルが消えてしまう可能性があります。

この課題を解決し、インセンティブが設計されたネットワークがFilecoinです。

Filecoinの仕組み

Diagram showing a four-step process for storing files with Filecoin. First step: User who wants to store a file pays miner to store their file. Second step: Miner commits publicly via Filecoin’s blockchain to storing the file. Third step: The network constantly verifies that miners are storing files correctly. Fourth step: User pays miner to retrieve their file.
https://docs.filecoin.io/introduction/what-is-filecoin/

Filecoinの仕組みとしては以下が挙げられます。

  1. ユーザーはお金を払ってマイナーにファイルの保存を任せる。
  2. ストレージマイナーは、ファイルコインのブロックチェーンを参照し、ファイルが正しく保存されていることを証明する役割を担う。
  3. Filecoinのブロックチェーンには、独自のブロックチェーンと暗号通貨(FIL)を送受信するための取引履歴、ストレージマイナーがファイルを正しく保存しているという証明を記録する。
  4. FilecoinにはFILが存在し、ストレージマイナーは、ファイルを格納するとFILを報酬として獲得する。

特徴として、ファイルストレージを使う側としても、提供する側としても自由にFilecoinのネットワークに参加できます。

また、オープンなマーケットで取引されており、ユーザーはどのストレージにファイルを保存するかや、ストレージの性能、利用するストレージの数を自由に選ぶことができます。

Filecoinのメリット

ストレージを使用するユーザーのメリットとして下記が挙げられます。

  1. オープンな市場で価格が低くなる。
  2. 最適なストレージを提供しているマイナーを選択する事ができる。
  3. プロバイダーごとに異なるAPIの実装が不要。
  4. Filecoinのブロックチェーンにいつでもアクセスができ、ファイルが正しく保存されているかを確認することができる。

一方、ストレージプロバイダーとしてのメリットはいかが挙げられます。

  1. オープンなマーケットでストレージを販売することが可能
  2. ファイルの保管により、多くのブロック報酬を受け取ることが出来る。
  3. ネットワークへのアクセスは、Filecoinのプロトコルによって自動的に処理されるため、独自のAPIを設計したり、提供するサービスを宣伝が不要。

Filecoinの将来性

https://coinlist.co/assets/index/filecoin_index/Filecoin-Sale-Economics-e3f703f8cd5f644aecd7ae3860ce932064ce014dd60de115d67ff1e9047ffa8e.pdf

FILは上記のようにマイナーへの配布量は多く、最初の1年間でマイナーが8000万FILを得ます。

つまり最初の数年は極めてインフレーション率が高い設計になっているコインです。

これは初期にストレージ提供者を増やすための設計であると考えられます。

大規模な初期投資が必要で、参入障壁が非常に高かったクラウドストレージ市場に対し、オープンな市場を提供する、新しいシェアリング型プラットフォームとして今後普及が見込まれています。

参考

Comments are closed.