デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?デジタライゼーションとの違いについて

本記事では、コロナ禍以降、日本社会のトレンドにもなった「デジタルトランスフォーメーション(DX)」について、デジタライゼーションとの違いも踏まえながら、わかりやすく説明していきます。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

デジタルトランスフォーメーション( Digital Transformation、略:DX)は、直訳では「デジタル化」という意味ですが、もっと深い意味を込めて使用されるキーワードです。

実際には「デジタル化による革命」といった意味合いに近く、次のように2つの意味があります。

  • 1つ目が「新しいテクノロジーが社会に浸透し、人々の暮らしがより良いものへと革新していく」という意味です。

デジタルトランスフォーメーションは、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。

彼は、その概念を「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」と定義しました。この定義によると「革命」という意味合いは込められていません。しかし、時が進むにつれて、デジタルトランスフォーメーションが再定義されていき、現在の意味になっています。

  • 2つ目は「新しいデジタル技術によって創られ、私達の現在の生活やビジネスなどのモデルを一新させるもの」という意味です。

デジタルトランスフォーメーションには、単なる「デジタル化」だけではなく、「デジタル化による革命」という意味が強く含まれていることを説明しました。

「革命」と聞くと、多くの人はネガティブに感じてしまいます。しかし、この「革命」が示すのは、社会や人々の生活をより良くするために、既存のシステムやモデルを一新させて新しい分野を創り出すということです。ネガティブに見る必要は全くなく、むしろ新しく便利になる生活を想像するとポジティブになることができます。

このようにデジタルトランスフォーメーションは、社会や暮らしをより良くするための「デジタル革命」なのです。

デジタライゼーションとは?

対して、デジタライゼーション(Digitalization)はどういう意味でしょうか?

デジタライゼーションも直訳すると「デジタル化」という意味です。しかし、これだとデジタルトランスフォーメーションの直訳と同じ意味になってしまいます。異なる点は、デジタライゼーションには「デジタル化による進化」という意味合いを強く含んでいることです。

つまり、デジタライゼーションとは「新しいテクノロジーによって、すでに存在しているモノやシステムをアップデートすること」です。

この意味はデジタルトランスフォーメーションと非常に似ています。しかし、大きな違いは、デジタルトランスフォーメーションが、「革命」という広義での「デジタル化」なのに対して、デジタライゼーションが「進化」という狭義での「デジタル化」を指すということです。お互いに似た意味を持つ言葉ですが、指している意味の範囲が異なるということです。

次の章でもう少し詳しく両者の違いを見ていきましょう。

デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーションの違い

デジタルトランスフォーメーションは「デジタル化による革命」。デジタライゼーションは、「デジタル化による進化」という意味合いを強く含んでいました。これだけだとまだはっきりと違いがイメージできないと思います。ですので、これからは両者の関係性について見ていきましょう。

デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーションの関係性

Cause and Effect

わかりやすく言うと、デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーションの関係性とは、「原因」と「結果」です。デジタライゼーションという「原因」に対して、デジタルトランスフォーメーションという「結果」があるイメージです。

では、具体的に2007年にAppleから初めてスマホが発売されたケースを例にして見てみましょう。

Appleは、当時のPCや携帯電話を新しく進化させ、iPhoneというスマホを作り世界に衝撃を与えました。当初のiPhoneはあまり使い物になりませんでしたが、次々にiPhoneは進化していき、現在ではスマホは我々の暮らしに必要不可欠なものへとなっています。結果的には、携帯電話は淘汰されましたが、人々の暮らしはより便利なものへと一変し、さらにはソーシャルゲームやSNSなどのスマホアプリという新しい分野、仕組みが新たに創り出されています。

この実例で見たとき、PCや携帯電話をスマホに進化させるという行為が「原因」であり、「デジタライゼーション」なのです。そして、その「結果」として、人々の暮らしにスマホが浸透し、様々なスマホアプリが登場したり、新しいビジネスまでも開発されていく。こうした全体の「結果」を「デジタルトランスフォーメーション」というのです。

要するに「デジタライゼーション」を繰り返し行うことで、その先に「デジタルトランスフォーメーション」が生まれるという関係です。

具体的なデジタルトランスフォーメーション

具体的にはどんなデジタルトランスフォーメーションがあるのか知っているでしょうか?メジャーなデジタルトランスフォーメーションは、次のように

  • AI (人口知能)
  • 5G (第5世代移動通信システム)
  • クラウド (いつでもどこでもデータの利用、保存、共有化を実現)
  • ブロックチェーン (分散型ネットワーク)
  • ロボット
  • IoT (物がインターネットに繋がる仕組み)

などのテクノロジーを利用した取り組みです。要するに、これらを活用すると、

  • 無人コンビニにより、レジに行く必要がなくなり、万引きがなくなる
  • 自動運転により車を持たなくてよい社会になる
  • VR/ARにより新しいエンターテイメントが生まれる
  • AIにより、つまらない仕事は淘汰され、人間性が重視される社会になる

などというデジタルトランスフォーメーションになるのです。これらは、現在まだ実現はされていませんが、世界中の至るところで、日々研究がなされています。

→デジタルトランスフォーメーションの実例について知りたい方はこちら「コロナ禍におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)まとめ

なぜ、デジタルトランスフォーメーションはメガトレンドなのか

2010年代はインターネット革命時代の終焉でした。テクノロジーの発展によりインターネットが急速に普及し、アメリカの5つの巨大IT企業(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)が世界の市場を独占しました。

しかし、その次の時代を創ると言われているのが、「デジタルトランスフォーメーション」です。

実はインターネット革命時代から見れば、PCやスマホなどの活用事例もデジタルトランスフォーメーションだったと知ることができます。PCはインターネットの土台を作り上げ、スマホは、 そのインターネットを私達の生活に浸透させてくれました。

しかし、これからのデジタルトランスフォーメーションは規模が違います。土台となるインターネットが完備されたことで、新しいテクノロジーがどんどん開発され、凄まじいスピードで様々なデジタルトランスフォーメーションが実現されていきます。要するに、私達の生活やビジネスがたった数年で激変するのです。

たとえば、先に見たように有名なデジタルトランスフォーメーションとして挙げられるのが、「AI・IoT・クラウド・ブロックチェーン」を活用していくものです。これらは、きたるべき5G時代の「4種の神器」とも呼ばれており、次のメガトレンドとなることは必然です。

特にAmazonは、すでに「AWS」という「クラウドサービス」を開発しています。このサービスは、すでに日本の半数以上の企業が利用しており、新しくビジネスを始めるときに必要不可欠なクラウドサービスです。この事例により、Amazonはオンラインショップだけに力を入れるのではなく、次の時代に焦点を当てていることがわかります。

このように時代はインターネット革命から「デジタルトランスフォーメーション革命」へと移行していっています。 時代に取り残されないようにするためには、新しいテクノロジーに敏感になり、どうデジタルトランスフォーメーションを実現するのか考えることが今後、ますます重要になっていきます。

まとめ

「デジタルトランスフォーメーション」は「デジタル化による革命」という意味。「デジタライゼーション」は「デジタル化による進化」という意味。

「デジタライゼーション」という「原因」によって「デジタルトランスフォーメーション」という「結果」が生まれる。

デジタルトランスフォーメーションは、今後ますます世界のトレンドとなっていき、「デジタルトランスフォーメーション革命」の時代となる。

Comments are closed.