コロナ禍におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)まとめ

新型コロナウイルスの影響によって、今後はビジネスやテクロノジーのトレンドが大きく変わると予想されています。その中でも特に注目されているのが 「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。

DXは、従来のビジネスの商習慣を一変させる可能性を秘めています。

本記事では、コロナ禍におけるDXの最新動向をまとめて解説していきます。

DXとは

DXとは、デジタルトランスフォーメーション( Digital Transformation )の略で、主な意味は次の2つです。

  • 新しいテクノロジーによって、人間の生活やビジネスなどにさらなる効率化や利便性をもたらすこと
  • 既存の価値観や枠組みを根底から覆すほどのデジタルイノベーションをもたらすもの

このようにDXには、概念としての意味と、物としての意味があります。DXを社会に浸透させることができれば、人々の生活はより良いものへと変わっていくでしょう。

なお「デジタルトランスフォーメーション」は、単なる「デジタル化(デジタライゼーション)」とどう違うのか?こちらの記事でまとめていますのでそちらもご参考に。

DXの具体例と活用例

具体的にはどんなDXがあるのでしょうか?以下にメジャーなDXをまとめてみました。

  • AI (人口知能)
  • 5G (第5世代移動通信システム)
  • クラウド (いつでもどこでもデータの利用、保存、共有化を実現)
  • ブロックチェーン (分散型ネットワークでデータの確かさを誰でも簡単に確認・または証明できる)
  • ロボット
  • IoT (物がインターネットに繋がる仕組み)

これらが旧来のビジネスを大きく変えていくと考えられているDXです。

技術的な専門用語が多いので、私達の社会生活や仕事に関わる具体的なサービスに置き換えてみましょう。

  • 画像認識 (AI)
  • 自動運転 (AI/5G)
  • 遠隔診断/遠隔手術 (5G)
  • VR/AR (5G)
  • リモートワーク/リモート会議  (ICT : 情報通信に関わる技術の総称 )
  • キャッシュレス (ICT)
  • AWS (クラウドサービス)
  • ビックデータ (クラウド/IoT)
  • 無人コンビニ (5G/AI)
  • 無人倉庫 (5G/AI/ロボット)
  • RPA (ロボット)
  • スマート農業 (IoT/ロボット)
  • スマートシティ (IoT)
  • 暗号通貨 (ブロックチェーン)
  • ペーパーレス、紙の電子化 ( ブロックチェーン )
  • トークンエコノミー (ブロックチェーン)

など、書ききれないほど多様な分野で既に活用されていますが、これらはコロナ禍以前から存在していました。

それがアフターコロナの今、どう変化しているのでしょうか?

コロナ禍以降のトレンド

結論として、コロナ禍における今後のトレンドは、「コロナ以前からのデジタル化のトレンドの加速」です。

アナログなコミュニケーションが制限されてしまうコロナの影響によって、あらゆるオンラインサービスの需要が相対的に急伸し、DXはメガトレンドとして社会に浸透していくと考えられています。

実際に、今までリモートワークを疑問視していた企業が、緊急事態宣言や自粛によって導入を決めたり、授業のオンライン化に積極的でなかった学校が、一転して導入を進めたりと、多くの分野でデジタル化が一斉に始まっています。

また、日本だけでなく海外諸国でも、コロナや原油の暴落をきっかけにリーマンショック以来の不況が予測されています。

それにより多くの企業で、不況による需要の激減し、無人化や自動化、省コスト化などが急務となることは想像に難くありません。

アフターコロナの時代とDXを活用しようとする企業の動きはセットとして考えられます。

DXのニーズの急伸とアナログなサービスの不調はしばらく続く

今回のコロナ禍によって、DXはニーズが伸びた一方、旧来のアナログなサービスや業種の売上は激減しています。

これは通常何年もかけゆっくりとシフトするトレンドが、2カ月間で急速に変化してしまった例外的なケースと言えます。したがってコロナが完全に収束すれば、そういった業種もある程度回復すると予想できます。

ただし、一度転がり始めたデジタル化への波は強く、「コロナ前の社会へ完全に戻る」とは考えにくい状況です。実際のアンケートでも、「コロナ後もテレワーク中心に働きたい」と答えた方が4割を超えたという結果が出ています。

業種を問わず、あらゆる業務プロセスのデジタル化、オンラインサービスのトレンド、DXのニーズ拡大は長期化していくでしょう。

医療の効率化を図るDX
「新型コロナウイルス診断AIシステム 」

現在、新型コロナウイルスにおける世界中の死亡者数は30万人を超え、今もなお、感染者は増え続けています。

そのような世の中で、重要なのは、ワクチン開発だけではなく、新型コロナウイルス診断の効率化です。

実は、この動きは、日本よりも中国において加速しており、すでに世界最大のBtoBトレーディングプラットフォーム「Alibaba」が「新型コロナウイルス診断AIシステム」の開発に成功しています。

このAIは、通常で約15分掛かっていた新型コロナウイルス診断をわずか20秒で完了できる優れたサービスを提供しています。

しかし特に驚くべきことは、約96%の診断の精密さを誇り、湖北省、上海、広東省、江蘇省等を中心にすでに実用化されていることです。

診断の待ち時間を減らせるだけでなく、精度も申し分ない診断AIシステムは、画期的なDXの1つと言えます。

今後も、新型コロナウイルス診断だけでなく、多くの病気に対する診断に対して、AIシステムが作られていくことでしょう。

遠距離で不動産を管理できるDX
「スマートブッキング」

新型コロナウイルスの状況下では、対面感染のリスクがある以上、不要な外出は避けるべきです。

しかし、仕事の都合上、外出を避けて通れない企業もあります。特に不動産管理会社は、 実際に物件に赴き、管理しなければならない問題を抱えていています。

そこで役に立つのが、「スマートブッキング」という遠距離からスマートロックやスマートエントランスを操作・管理できる入居後の物件管理サービスです。

このサービスにより、入居者と登録や鍵交換などをオンライン上で管理することから、工事業者が一時的に出入りできるようなバーチャルキーの導入まで実現することができます。

また、このほかにも複数権限の設定や共用施設のカレンダー予約・決済機能などがあり、様々なニーズに対応するサービスとなっています。

このようにIoT製品を操作・管理することで、不動産管理会社の業務を効率化することができます。

今後も、IoT製品が増えることで企業の業務は、ますます簡略化されていくでしょう。

健康状態を把握できるDX「カロミル」。食事の写真で解析

新型コロナウイルスに感染しないためには、人と接触しないのみならず、健康を維持することや免疫力を高めることも大切です。

しかしながら、現状として、自分が健康体なのか簡単に判断できる方法はほとんど存在しません。

この問題を解決したのが、いつでもどこでも写真を撮るだけで、自分の健康状態を知ることができる「カロミル」というアプリです。

カロミルはアプリなので、いつでもどこでも使えるという強みがあります。しかし、最も特徴的なのは、AIによる画像解析能力の高さです。

実際に、食事の写真を撮るだけで、栄養素を割り出して自動記録することができたり、体重や血糖値、血圧などの測定結果を写真に撮るだけで自動記録をしてくれます。

感覚でなく、実数値で自分の健康状態を把握できるので、食事バランスの分析、改善にも役立てることができます。

画像解析の能力が上がるとその分だけ、可能性は広がります。このようなAIにおけるDXの活用事例は、今後も大きなトレンドと予想されます。

ペーパーレス化を実現するDX「CloudCerts」

新型コロナウィルスの影響により在宅ワーク、オンラインでの商取引が増えるなか、従来の紙の書類や証明書、押印作業などでオフィスに出向かざるを得ず、外出リスクや余計なコスト、時間を浪費してしまいます。

そういった従来の紙の証明書やハンコの代替手段として利用できるのが「LasTrust」が提供するブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts」です。

CloudCertsは、紙の証明書の原本を簡単にデジタル化できるサービスです。利用することで、省コスト化を実現できるだけでなく、大切なデータをブロックチェーン上に安全かつ容易に管理することができます。

CloudCertsから発行されたブロックチェーン証明書

情報の秘匿性

証明書内容を暗号化して、内容が読み取れない形でブロックチェーンに記録するため、そこから情報の漏洩を心配する必要はありません。

耐改ざん性

また、ブロックチェーンは「一度書き込んだら変更できない」という特性があるため、CloudCertsから発行された電子書類は偽造ができません。

発注から発行、納品まで全行程を非接触で実現

さらに、CloudCertsには、ブロックチェーン証明書の発行を「非接触」で行える利点もあり、アフターコロナの時代において非常に重要な役割を果たすことができます。

実際に、ビジネス・ブレイクスルー社とのプロジェクトでは、受注から発行、証明書授与までの全工程をオンライン上で行うことができました。

このように紙の証明書やハンコにおける「証明」の役割はデジタルへと置き変わっていくと予想されます。その中でも、CloudCertsは画期的なDXであり、ペーパーレス化を検討している事業者にとって有益です。

まとめ

コロナ禍によって、望むと望まざるとに関わらず、人類社会は大きなパラダイムシフトを迎えており、ビジネスにおいてもニューノーマルの世界における”変化”を求められています。

当社も、この激動の時代を生き抜こうと努力する企業へバリューを提供できるよう、今後も努力して参ります。

Comments are closed.