ブロックチェーン証明書と紙の証明書の違いとは

ブロックチェーン証明書とは

ブロックチェーン証明書とは、情報管理システムであるブロックチェーンの技術を用いたデジタル証明書です。

強固な情報管理システムであるブロックチェーンに情報を保存することで、今まで実現できなかった、あらゆるデータの真正性の担保が可能となりました。この真正性を利用して証明書をデジタル化したものがブロックチェーン証明書です。(当社はブロックチェーン証明書発行APIのCloudCerts Connectを提供しています。 ブロックチェーン証明書発行API 「CloudCerts Connect」の提供開始。どの企業も簡単にブロックチェーンの担保機能を利用可能に。

現在は、各種証明書のほとんどがアナログで運用されています。例えば、

  • 社員証
  • 資格情報
  • 賞与
  • 契約書
  • 学位証明書

などです。これらは偽装することが不可能ではなく、就活などで、学生が企業に提出した際、企業側は、提出された証明書の真偽を発行元に問い合わせる必要が出てきます。

ブロックチェーン証明書は優れた改ざん耐性や、デジタルであることのメリットを活かし、このような手間を省き、簡単に真正性の検証をすることができます。



ブロックチェーン証明書と紙の証明書との違い

真正性が担保されたブロックチェーン証明書を用いることによって、紙の証明書では無かった、様々なメリットが出てきます。


中央サーバのデータ管理と、ブロックチェーンによる分散管理の構造的な違い

現在、紙の証明書は発行元機関で一元管理されています。原本の真正性の保証、あるいは過去に発行された証明書の再発行もここを通してのみ行なえます。したがって発行元機関がそれらの運用を止めた場合、発行済証明書の真正性担保、再発行は困難な「中央集権型の証明書」と言えます。
中央集権であるがゆえに、不正アクセスの「的」も一つで狙われやすいシステムです。

反対に、ブロックチェーンは分散台帳型ネットワークと呼ばれます。ノードと呼ばれるネットワークを構成する無数のデバイスあるいはサーバが世界中に存在し、全ノードでデータの写しを記録していく構造です。記録されたデータの束をブロックと呼び、次のブロックに紐づけていくアーキテクチャを指してブロックチェーンと名付けられました。


改ざんが不可能

当社が利用しているEthereum(イーサリアム)というブロックチェーンでは、現在約7000ものノードが立てられ稼働しています。そのため、全てを計算(マイニング)し直すための莫大な計算パワーが必要となり、改ざんは現実的には不可能です。
また、7000のノードのうち1つのデバイスが破損、あるいはネットワークから遮断されても、他の全ノードで同じデータの写しを持っているため、Ethereumのネットワークは何ら変わりなく稼働し続けます。
このネットワークに証明書の原本データを記録しておくことで、たとえ発行元機関が証明書に関する業務を停止しても原本データを生かしておけます。


情報漏洩リスクも低い

また、「ブロックチェーンに証明書データを記録する」と言うと、証明書の具体的内容の平文が記録されるイメージを持たれるかもしれませんが、実際は証明書のデータは暗号化され、意味の持たない「sh438snw948hg….」のような文字列で記録されるので、ブロックチェーンから情報漏えいすることは構造的にありません。


低コストで検証できる

紙の証明書の場合、例えば、就活の際にユーザーが学歴詐称をした可能性が疑われる時、その学位の発行元に問い合わせ確認してもらう必要があります。

ですが、ブロックチェーン証明書の場合、ブロックチェーンに信憑性の高いデータが存在するため、ブロックチェーンに情報を送信することによって簡単に証明書が正しいのかを検証することが可能となります。

具体的には、私が就職活動をするとした場合、資格証や学位証明書をインターネットを通し、会社に送信します。会社側は、その証明書が本当に正しいのか、アプリを使用することによって数秒で簡単に検証することができます。


様々な価値を証明できる

様々な価値とは、例えば、「SNSでフォロワー10万人」や、「書籍執筆経験」、「Githubでスター1000以上のオープンソース開発に携わった経験」など他にも様々です。

これらは簡単に嘘をつくことも可能で、今まで、ユーザーが持っている価値として証明することができませんでした。ですが、これらの価値を信頼された機関がブロックチェーンに記録することで、カジュアルな実績もユーザーの価値として証明することができるようになります。


有効期限を設定できる

紙の証明書の場合、見た目だけ変更すれば、有効期限を偽装することは可能です。

しかし、有効期限を情報の一部としてブロックチェーンに記録しておけば、証明書の有効期限の見た目だけを偽装しても、検証すれば確実な情報を得ることができるため、真正性を立証できます。


発行元の組織がサービスを終了しても、真正性を立証できる

例えば、ユーザーが英語の資格の証明書を持っていて、その証明書が本当に正しいか確かめたいが、証明書の発行元がサービスを停止し、問い合わせが出来ない場合、真正性を立証することは難解です。

このような場合、ブロックチェーン証明書であれば、ブロックチェーンが信憑性の確保された情報をもっているため、発行元に問い合わせることなく真正性を立証することができます。


ペーパーレス

紙の証明書は、プリントのためのインクや紙が必要となり莫大な費用と時間が奪われることになります。ブロックチェーン証明書はデジタルな証明書のため、無駄な費用がかからず、コストを大幅に削減することができます。


プログラマブルである

Blockcerts準拠のブロックチェーン証明書は、メタデータを含めることができます。(Blockcertsのホームページ)

例えば、証明書のメタデータに英語や数学といった属性、資格証のレベルやスコアを含め、そのメタデータを含んだ証明書を管理アプリでインポートした際、自動でレーダーチャートやグラフなどを描画することができます。


管理が楽

社員証や資格証、契約書、学位証明証などあらゆる証明書をスマホやWebページ上で一元的に管理することができます。


オンラインでシェアできる

スマホやWeb上で管理できるため、インターネットでの共有が簡単にできます。様々な場面で紙の証明証を用意しないで済み、楽に、かつ真正性の担保された情報をお渡しすることができます。



まとめ

ブロックチェーン証明書を使うことによって、偽造や改ざんを見抜くためのコストや、紙の証明書を発行するコストを削減することができます。

さらに、様々な証明書をスマホやWeb上で一元管理できるため、オンラインでのシェアも用意になり、紙の証明書を準備する手間を省き、利便性を飛躍的に向上させることができます。

Comments are closed.