ブロックチェーン証明書発行API 「CloudCerts Connect」の提供開始。どの企業も簡単にブロックチェーンの担保機能を利用可能に。

ブロックチェーン証明書発行API「CloudCerts Connect」

従来の証明書を、APIを通してブロックチェーン技術で改ざん不可能なデジタル証明書に

現在運用されている各種書類、証明書の原本は、紙媒体での保存、または中央サーバで管理されていますが、紛失や改ざん、そして機密情報漏洩のリスクがあり、運用コスト高も問題視されています。

LasTrustでは、これらアナログな証明書をデジタル化し、改ざん防止やコスト削減、飛躍的な利便性の向上に繋がるブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts®」(読み:クラウドサーツ。特許出願済み)を教育機関、地方自治体、資格提供団体、金融機関等にBlockchain as a Service(BaaS)として提供しております。

そして今回、各企業・組織が利用するシステムとCloudCerts®を繋ぎ、従来の証明書を簡単にブロックチェーン証明書にリプレイスできるAPI機能、「CloudCerts Connect(クラウドサーツコネクト)」を開発しました。

ブロックチェーン証明書発行API「CloudCerts Connect」詳細

「CloudCerts Connect」は、ブロックチェーン技術の知見を必要とせず、どんな企業でも簡単にブロックチェーン証明書の導入・発行を可能にするAPIです。
HTTPリクエストに対応しているため、各企業・組織が利用中のシステムからシームレスにブロックチェーン証明書を発行でき、業務プロセスの中で発行される

  • 証明書
  • 契約書
  • 資格情報
  • 各種ログ
  • エビデンス

など、あらゆるデータの※真正性を、ブロックチェーン技術によって担保し、あらゆるサービスの信頼性向上に直結する仕組みです。

(※真正性:”正当な権限において作成された記録に対し、虚偽入力、書き換え、消去、及び混同が防止されており、かつ、第三者から見て作成の責任の所在が明確であること” 〜厚生労働省資料より一部抜粋 https://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/12/dl/s1219-6b_0003.pdf 〜)

導入イメージ図

上図のように、既存の業務プロセスの中で「CloudCerts Connect」のAPIを呼び出すだけで、ブロックチェーン証明書を発行することができます。
発行した証明書は他の業務プロセスで確認することも可能ですし、エンドユーザーが確認・検証することもできます。

また、証明書は「blockcerts」という世界基準のオープン規格に準拠しており、LasTrust社のシステムを通さずとも検証可能です。(LasTrustも検証用インターフェースを提供しています)

ブロックチェーン証明書導入のご案内

また、証明書は「blockcerts」という世界基準のオープン規格に準拠しており、LasTrust社のシステムを通さずとも検証可能です。(LasTrustも検証用インターフェースを提供しています)

また、証明書は「blockcerts」という世界基準のオープン規格に準拠しており、LasTrust社のシステムを通さずとも検証可能です。(LasTrustも検証用インターフェースを提供しています)

任意の情報を、改ざんできず、また半永久的な記録として管理できるブロックチェーン証明書は、従来の各種証明書をデジタル化し、かつその利用価値を向上させる画期的な技術です。

LasTrustでは、電磁記録を発行する企業、教育機関やeラーニング事業者、金融機関、資格提供団体を対象に、契約書、各種証明書、履修履歴、学位、資格の真正性向上に取り組む企業・団体様との協業を進めています。ご興味のある担当者様はぜひお気軽にお問い合わせください。

Comments are closed.