ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts」、デジタルバッジ管理アプリ「Skill Wallet」計2種の特許出願が完了しました

2019年11月、ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts」と、管理アプリ「Skill Wallet」の自社プロダクト2種に関する特許出願を完了しました。

ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts」

ブロックチェーン証明書発行システム「CloudCerts」の特許出願が完了しました

ユーザーの任意情報の真正性をブロックチェーン技術で暗号化、記録し、誰もが手軽に任意情報の真偽を検証できるシステム「CloudCerts」に関する特許申請が完了しました。

出願番号:特願2019-218437

ブロックチェーン証明書管理システム「Skill Wallet」の特許出願について

CloudCertsから発行されたブロックチェーン証明書は、Verifiable Credential準拠のデジタルバッジとして表示が可能です。LasTrustでは、それらバッジとして発行された証明書を管理するシステムとして、「Skill Wallet」を開発し、特許出願を行いました。

(Verifiable Credentialの詳しい説明はこちらの記事をご覧ください)

出願番号:特願2019-218437

Skill Walletのローンチについて

LasTrustでは、ブロックチェーン技術を使い、紙の証明書をデジタル化するに留まらず、信用情報が移転可能かつ信頼性の検証が可能なデジタルバッジの形式を利用し、「個人の見えざる価値を可視化する」というビジョンを実現を目指しています。

Skill Walletのローンチは2020年夏に予定しています。

協業のご提案

特定の情報を、改ざんできず、半永久的な記録として保管できるブロックチェーン証明書は、現行の各種証明書をデジタル化し、かつその利用価値を向上させる画期的な技術です。

最近では、災害によって貴重な証明書の原本データが失われたり、機密情報の入ったハードディスクが正しく破棄されず情報が流出するなどの問題が起きています。

その点、ブロックチェーン技術は任意の情報を暗号化し、分散化された台帳に記録し管理するため、機密情報を読み取れない形で残し、かつ原本の真正性を半永久的に担保でき、各種の証明書を発行する企業様、組織にとって有益な仕組みです。

LasTrustでは、教育機関やeラーニング事業者様、資格提供団体を対象に、履修履歴や学位、資格のデジタル化に取り組む企業・団体様との協業を進めています。興味のあるご担当者様はぜひ弊社までお問い合わせください。

Comments are closed.